子供の肌はママが守る!ベビースキンケアの大切さ

ベビースキンケアとは、トラブルの多い赤ちゃん期から幼児期・学童期までのお子様を対象とした「お肌のケア」をお伝えしていきます。
「子供の肌は親が守る!!」から「子供自身が大切な身体をケアできるようになる!」までを、普段の生活から出来ることを一緒に考えていきましょう。
スキンケアとは直接「肌にふれる」こと。
「触れる=触れられる」という事にお気づきですか?

親にとって子供の身体・心すべてが愛しいように、子供にとって親の肌(手の感触)というものは心地よいものなのです。お子様の肌に触れることで子供も親も「心と身体」に大きな変化があるのです。

ゃん期だけではないスキンケア教室は、沢山の親子に喜ばれています。

新生児のスキンケア教室

誕生して3か月未満の赤ちゃんを対象とした教室。
赤ちゃんが誕生して数カ月、お母さんもお母さんになって数ヶ月です。
赤ちゃんとの過ごし方が落ち着いてきたときから、知りたいことも増えてきます。
この時期は乳児性湿疹・脂漏性湿疹が多くなるときです。
初めての肌トラブルにとまどうお母さんも多いですので
赤ちゃんのお肌の構造からトラブル予防するポイントをお伝えしていきます

夏のあせも・紫外線対策教室

4月5月は一番紫外線が強い時期。6月はジメジメを湿度が高く汗をかきやすい時期。
真夏になる前にあせもや紫外線の対策のお話をします。お子様のお肌・・・・そのままでいいですか??

【汗疹(あせも)】
汗疹ができる理由から汗疹の対策を一緒に考えてみましょう。あせもが出来る前に・ひどくなる前にできることをお伝えしていきます。

【紫外線対策】
お母様はすでに早い時期からUVクリームを使っていると思います。
お子様はそのままでいいですか?黒く焼けた肌の方が健康的だ!って思っていませんか?日焼けは肌を黒くしてしまうだけではありません。他にも避けたくなうような理由がちゃんとあるんです。
「赤ちゃんってUVクリームを塗っていいの?」という方もいらっしゃいますが、UVケア剤の選び方や塗り方など楽しくお伝えします。

冬の乾燥肌対策教室

子供の肌はもともと乾燥しがち。
さらに冬になると乾燥した空気やエアコン・ファンヒーターなどの影響でさらに乾燥肌 になっていきます。

子供の肌はなぜ乾燥肌なのか?そもそもスキンケアって必要?という所から、日常のスキンケア法をお伝えします。
また、洗ったり塗ったりという行為自体がとても大切なんです。
肌とのふれあいの心地よさを実感していただき「タッチケア」の
大切さを知り、今後のお子様との時間を一層素晴らしいひとときにして欲しいと思います。

男の子のデリケートゾーンケア教室(おちんちんケア)

男の子のデリケートゾーンケア(通称:おちんちんケア教室) は男の子ママには人気の教室です。
ママは女性ですから自分にはナイ器官に、とまどう事もあると思います。
最近では、子供の健康診断でチェックされ注意を促されることもあるそうです。

どうなってるの?どうしたらいいの?普段のケアって?
というお母さんの不安を少しでも解消できるよう、お話する教室です。

【おすすめ書籍】